アシカなくてもトドまらず

車椅子で鉄道・路線バス等を使っての旅行を紹介しています。適当なブログから「☞アシトドのブログのメニュー画面へー」をクリックしてくださいね。オストメイト情報もあります。

車椅子の介助 理学療法や介助方法の勉強をしたことのないリハビリやらずに社会復帰した車いす生活者の独自研究 (こんなの信じるとひどい目にあうかも?)

駅員さんのおられないホームから電車に乗る様子(写真A)

よくまぁ、こんなに周囲に迷惑乗車の写真を載せましたね!

でもキャスターを乗せてしまえば腰に負担をかけずに助けていただける様子がよくわかるでしょう 皆さん親切にしていただき ありがとうございました!

このような写真を彼方が持っているということは撮影者は知り合いで、その人に介助してもらえば済む話じゃないのですか😡

そのご質問には、電車評論家の立場からの答弁は差し控えさせていただきます😥

 

☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

車椅子電車評論家・アシトド松井

車イスの介助について

鉄道関係者や路線バスの運転手さんは随分研修していただいているようですが、利用者の少ない地域や、短期のイベントと等ではあまり車いすの介助方法をご存じないように感じられることが多くあります。

 

最初に

車いすのパーツの名称をご紹介いたしますね

キャスターとよばれる車いすの前輪を上げて後ろから押してもらうと腰に負担が無く段差を超える介助できると考えます

①手動車椅子や介護用車いすに使われているテッピングレーバーを踏めば前輪が上がり担ぎ上げることなく低い段をこえられます。

 ティピングレバーを踏むと腰に負担をかけないで前輪を上げられます。

後は車いすを押して段をこえます

電動車いすに使われている転倒防止バーは折りたたんだりしなければ、キャスターが上げられないのですが、❶電源を切りニュートラルにして。折りたたんで、➋グリップを下に押したりキャスターだけを手で上げられれば重い車椅子全体を担ぎ上げずに1段程度の小さな段差は超えられる可能性があること。

などの知識を少しでも得ておられれば、負担のない介助をしていただけるのではと思います。

 

③大型の電動車いす利用者や言語障害のある方も来られるかもしれませんが、出来る限り本人に介助方法を確認いただき、安全と介助する方に負担のかからない方法を検討していただきたいと感じています。

偉そうに解説してるけど理学療法を勉強してない彼方の独自研究じゃないの!?

 

すぐにデーターを消してしまいますので、少しずつ更新しています。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

ただいま作成中です。

 

 

☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

車いすで紫式部と源氏物語ゆかりの地を巡る 石山寺(大津市)大河ドラマ館と恋するもののあわれ展 「光る君へ」放映開始記念・バリアリアフリーチエック企画です。(勝手に企画するな!)

石山寺大津市)参道沿いで行われている大河ドラマ「光る君へ」関連展示 2024年訪問

☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

車椅子電車評論家・アシトド松井

 

2024年放送の大河ドラマ紫式部を主人公にした「光る君へ」ということで、紫式部のゆかりの寺院・石山寺のある滋賀県大津市では大規模な観光客誘致活動がなされてます。一般観光客(健康で歩ける人という程度の意味)向けの案内は、地元自治体・大津市さんにおまかせして、車椅子ユーザーの観光客向けの案内はブログの画面上ではございますが専門家である「車椅子電車評論家・アシトド松井」がご一緒したいと思います。

専門家じゃたと? うぬぼれおって!

最初の写真をご覧いただいただけでも,

「周囲に迷惑・観光をなさいましたね。懲りないお人じゃ」

(日頃私の介助をしていただいてる方がなさりそうなコメントを、著者忖度のうえ代読)

と言われそうですね。

 

JR石山駅京阪石山駅からの車イスでのアクセス方法につきましては、下記のブログをご参照ください。

☞車いすで大津石山寺 大河ドラマ「光る君へ」・放映前バリアフリー度確認です。

 

 

ここからの記事は2024年初旬の状況に基づいています。

 

京阪電車石山寺駅に到着します

 

石山寺の東大門を通って、参道に入ります。

石山寺東大門(2024年2月撮影)

 

石山寺東大門のスロープ通路

ところが・・・

手動車椅子で自力で上ってみるものの途中で挫折

簡易電動車椅子の方は単独で上りましたが、敷物の下の石が凸凹しているので手動車いす単独では難しいく、困っていると観光に来られていた方が助けに来て下さいました。

観光客の方が親切に助けに来てくださいました。

ありがとうございました。

 

石山寺東大門のスロープ通路の敷物は新しいものに取り換えて下さっていました。ざんねんながら下の石の坂が凸凹したものでしたので、電動車椅子の私は単独で上がり降り出来ましたが。手動車椅子では車輪が取られてしまい、一般参拝客の方に介助をお願いすることとなりました。

 

脇の門から車イスの参拝者は出入りする事になります。

東大門の脇の扉には敷居があります、斜めに切った板でスロープ状につくってあるのですが、私の簡易電動車椅子では上がれず、門の端に手をかけて腕の力で引き上げました。

参考写真 比叡山延暦寺参拝のようす(ずいぶん前の写真です)

(参考写真)比叡山延暦寺根本中道前の坂道も電動車椅子と腕の力の合力で上がりましたよ

 

東大門から入って参道の案内板を確認

大河ドラマ関連の展示は2025年1月31日までのようです。

参道の案内板より

参道の案内板にはトイレの記載があるけど、車いすで利用できるかどうかは分かりませんでした

参道の石山物産館として使われている捨翠園

石山物産館として使われている捨翠園(入口のスロープは凸凹でした)

 

捨翠園の休憩所(2023年撮影)

参道の石山物産館のスロープ板は(滑り止めのためか?)凹凸のあるもので、車いす単独では入ることは出来ませんでした。以前、訪れた時に内部のスロープは凹凸のないスロープ板でしたので、このような形態の物に変えていただけると車いす利用者の立場としては助かります。ご配慮頂きますよう宜しくお願いいたします。

 

🟥明王院 光る君へ びわ湖大津 大河ドラマ

🔴大河ドラマ館(明王院)横奥側のトイレ内には車いす対応トイレが確認できました

境内の案内図にはトイレのマークはあるものの車いす対応の表示がなく、シンボルマークをつけていただければ助かります、なお車いす対応トイレは「大河ドラマ館 横」と「バスの利用する駐車場」にありましたが、オストメイト対応のものは見つけられませんでした。

 

光る君へ びわ湖大津 大河ドラマ明王院)と車いす対応トイレ

 

 

 

大河ドラマ館正面のわずかな段差と奥に長いスロープ板を設置していただく様子

車イスの介助について

大河ドラマ館に入るためには最初に1段、そして建物内に2段の段差がありました。最初の1段は職員の方の介助を受けるのですが、あまり車いすの介助方法をご存じないように感じました。

キャスターとよばれる車いすの前輪を上げて後ろから押してもらうと腰に負担が無く介助できるのですが

ⅰ手動車椅子や介護用車いすに使われているテッピングレーバーを踏めば前輪が上がり担ぎ上げることなく大河ドラマ館入口程度の低い段をこえられること。

 ティピングレバーを踏むと腰に負担をかけないで前輪を上げられます。

  後は車いすを押して段をこえます

電動車いすに使われている転倒防止バーは折りたたんだりしなければ、キャスターが上げられないのですが、❶電源を切りニュートラルにして。折りたたんで、➋グリップを下に押したりキャスターだけを手で上げられれば重い車椅子全体を担ぎ上げずに大河ドラマ館程入口1段程度の小さな段差は超えられる可能性があること。

などの知識を少しでも得ておられれば、負担のない介助をしていただけるのではと思います。

 

大型の電動車いす利用者や言語障害のある方も来られるかもしれませんが、出来る限り本人に介助方法を確認いただき、安全と介助する方に負担のかからない方法を検討していただきたいと感じました。

偉そうに解説してるけど理学療法を勉強してない彼方の独自研究じゃないの!?

参考写真 わずかな段差解消には写真右下のようなスロープ板が欲しいョ~

大河ドラマ館程入口1段程度の小さな段差については下の写真のようなスロープ板も準備していただければ、すいぶん状況がかわると思います。ご配慮をお願いします。

(参考画像)名古屋地下鉄へのスロープ板 ずいぶん以前に撮影したものです

 

 

大河ドラマ館正面に設置していただいた長いスロープ板

 

大河ドラマ館内へスロープ板を渡して押し上げてもらいました(奥側から撮影)

大河ドラマ館内部の2段の階段は長いスロープ通路を準備いただきました。

このスロープは隣接する「恋するもののあわれ展」の建物に車いすで入る際にも使われます。

 

平日訪れた時にはさほど感じなかったのですが、休日に訪れた際には、スロープ板を設置していると大勢の観光客の入館が滞ってしますので、「車いすでも入れてもらえますよ」と大々的にPRしてもよいものか、そう思うならブログに上げるなよ!このあたりが既存の宗教の研修施設を利用した今回の展示会場の悩ましいところかも・・・。

 

大河ドラマ館内・展示物前で記念撮影

 

 

🟦世尊院 源氏物語 恋するもののあわれ

大河ドラマ恋するもののあわれの移動はスロープ通路で整備されていました。

明王院と世尊院の連絡通路はスロープ状に整備されていました

 

恋するもののあわれ展(世尊院)内部へはスロープ板ひとつで比較的スムーズ

恋するもののあわれ展(世尊院)側のようす

こちらはスロープ板も傾斜も緩やか(建物の床が低いようです)で、建物正面の石による段差や砂利も板で解消されており、スムーズに見学することができました。

 

 

恋するもののあわれ展・内部展示物

 

 

ないぶん1年間という短期間の既存の寺院施設を利用しての展示ということで、バリアフリー化にはおのずと限度があると思います。完全なバリアフリーというのはあり得ないかもしれませんが、関係者の皆様にはできるだけ多くの方に「大河ドラマ館」を楽しんでもらいますようご尽力をお願いいたします。

 

 

すぐにデーターを消してしまいますので、写真を優先にして少しずつ更新しています。ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願いいたします。

 

ただいま作成中です。

 

JR石山駅京阪石山駅からの車イスでのアクセス方法につきましては、下記のブログをご参照ください。

☞車いすで大津石山寺 大河ドラマ「光る君へ」・放映前バリアフリー度確認です。

 

平家物語は清盛・知盛の話なので、源氏物語は頼朝・義経の話だと思っていた

車椅子電車評論家・アシトド松井

 

☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

車いす旅行をして見つけた珍しい(スゴイ)もの

バリアフリーの概念が進んでないころは車いす旅行は大変でしたね。

 ☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

車椅子電車評論家・アシトド松井

 

当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。今回は「車いす旅行をして見つけた珍しいと思ったり、スゴイと感動したものをご紹介いたします。アシカさんとトドさんの対談形式でお楽しみください。

 

このブログは「脊損二ュース」2023年3月号に掲載していただいた記事を加筆修正したものです。

 

車いす旅行をして見つけた珍しい(スゴイ)もの

身体障害者の方などの横断歩道(東北地方にて)

身体障害者の方などの横断歩道

<トド>障害者のためにわざわざ特別な横断歩道をつくったのですか?

<アシカ>どうもそうではないようですよ。同じ場所に地下通路をつくられて、歩行者をそちらに誘導しようとしたところ、車椅子などの歩行弱者が道路を渡れなくなって、急きょこのような横断歩道がつくられたのではないかと推測しています。ポールの上の方に「危険 地下入口駐車禁止」と張り紙がなされていますので、地下に通路があるのでしょう。

身体障害者の方などの横断歩道を渡る

<トド>でも健常者の人もどんどん渡っていますよ。

<アシカ>義足の方かもしれません、外見だけで決めつけてはいけませんよ!

<トド>彼方のようにオストメイトなどの内部障害者は渡ってはいけないのかなぁ?

<アシカ>そのあたりの判断は「身体障害者の方などの横断歩道」で不幸にして交通事故等起こった場合の判例の積み重ねをまたなければなりませんね。

 

🔵横断歩道で起こった事故なのだから自動車側の過失が大きい

🔴健常者が渡ることは想定していなかった横断歩道なので、歩行者側にも落ち度があるのでは

なんか理解不能な大そうな話になってきたよ⁉

法律系の人は理屈が多いからキライだ!

 

❷車椅子利用者を乗せてあげようという気持ちがこもった路線バス(九州地方にて)

車いすユーザーを乗せてあげる決意のこもった路線バス

<トド>路線バスの正面に車椅子マークが三か所も付けてあったのですね。

<アシカ>このバスは車椅子利用者を乗せてあげるのだという強いメッセージを感じました。ここまでしていただければ、どこへ行こうが、目的地で無かろうが、もう乗車する以外の選択肢はありません。
<トド>勝手に乗ってどこでも行ってください。

脊損ニュースでは(東北地方にて)と原稿を送り掲載しまいました。訂正の上お詫び申し上げます🙇                  こういう時は文字がやたら小さいぞ!

 

❸車椅子利用者の飛び出しに注意か? 意味が良くわからない道路標識   「設置に至った経緯・法令等根拠をお示しくだされ!」

車いすマーク(障害者のための国際シンボルマーク?)の道路標識

<トド>一般道路にこんな標識があつたのですか?車椅子ドライバー用駐車スペースでもなさそう。一般道だから障害者が優先して利用できる施設というわけでもなさそうですね。

<アシカ>近くに福祉施設があり、車椅子利用者が頻繁に通るものだから、こんな注意標識を取り付けていただいたのだと思います。私もこの一か所でしか見たことがありませんので、標識としてどこまで法的効力があるのでしょうか?

<トド>よく山間部にあるシカに注意や、熊に注意といった標識の一つかもしれませんね。

<アシカ>調べてみたら「動物の飛び出しに注意」という正式な道路標識が見つかりました。

「飛び出す動物に注意」という道路標識
(地域によって動物の絵に違いがあるかもしれません)

すると私たちは車いすユーザーは動物なみなの?  少なくとも植物ではないと考えられます

(理屈こきか!)

 

車いすユーザーは低いので自動車(特にバックするとき)からは死角に入ることがあります。私も自動車と接触した経験がありますので、注意しましょうね!

 

気合いを入れないと登りきらない駅のスロープ

(東海地方にて)

<アシカ>この写真は私が見つけたなかで、もっとも気合いを入れないと登れないと思われる駅のスロープ通路です。何回も折り返して緩やかにはつくられていそうなのですが、入口から高台のホームまでの距離がとにかく長い!

駅のホームに通じる車いす用スロープ通路

車いす用スロープ通路から駅ホームへの入り口

<トド>アシカさんは利用されたのですか?

<アシカ>私は足が竦んでしまって、動けなくなりそうで・・・

<トド>脊髄損傷の貴方がそんなことになるはず無いじゃないですか。おまけに残っていた足も近年切断してるじゃないですか!

<アシカ>手動車椅子でかつ単独でホームに着いたらそれだけで感動ものでしょうね。

<トド>でもそこまでしてでも、スロープ通路を設けて下さったことには感謝しないといけませんよ。

 

一般のスロープ通路を緩やかに設けてくださった駅もあります

 

 

線路横断型スロープ通路の工事が中止された

楽しみにしておりましたのに、取りやめとはご無体でございまする、なんとかご慈悲を!

なぜか工事が中止してしまった、駅のホームからの車いす用線路横断型スロープ通路

<アシカ>この駅は歴史上大きな合戦の舞台になったところにありで、歴史マニアの私は是非とも降りてみたいところでした。通過列車の車窓から線路横断型スロープ通路の設置工事が始まっていたと確信していたのですが、なぜか途中で工事が中止になってしまっています。

<トド>アシカさんのことだから期待が膨らんでいただけに残念でしょうね。

<アシカ>線路横断型スロープ通路は危険という認識や、鉄道会社の方針転換などで工事が中止されたのかも。私も最近この路線は使っていませんので、なんらかのバリアフリー化がなせれていれば良いのですが、今のところ改善されたとの情報は得ていません。

 

(解説)車いす用線路横断型スロープ通路

駅にエレベーターを設置することが難しかった時代に、車椅子の乗客をホームに運ぶために設けられた設備。ホームの端にスロープ通路をつくって線路を横断して改札口や直接一般道に出られる。業務用通路と誤解されていることが多いように感じますが、多くは地元車椅子ユーザーの団体などの陳情活動等により整備されつくられたものです(業務用のスロープ通路を基に造り直されたところもあります)。頻繁に列車が通過する都市部近郊の駅にも設けられていることがありました。

車いす用線路横断型スロープ通路



車いす対応座席があるのですが.一般乗客乗客が先に座って、スペースに荷物を置いてしまう電車。

車いす対応車両があるという電車 期待が大きかったのだが・・・

 

車いす対応スペースは座席に乗り移ることを前提として設計されているようでした

 

一般乗客の方が先に座ってスペースに荷物を置いたら  ハイおしまい。

 

電車内のレイアウト図(著者作成)

なんで、このような車いす対応車両をつくったの?

大きなトランクなどを持った一般乗客が荷物の横に置いて座れることを目的に「乗客に配慮した」便利なスペースなのじゃないのかなぁ。

 

 

理屈や法律じゃないんだョ。Г世間がどう見るか」で世の中は回っているんたょ。といつも諭されてる。

 

車椅子電車評論家・アシトド松井

 

 ☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

 

車いす鉄道旅行仲間の内輪話 「ポチなみ・荷物扱い?」 受傷により突然2級市民に 未だ戸惑う中途障害者(いつまでも健常者時代が忘れられない困ったお人じゃ!)

駅のエレベーターにこんなに利用者が殺到するなんて!設置運動時は予想できなかった

 ☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

車椅子電車評論家・アシトド松井

 

今回は車いす旅行仲間内で語られていたことをご紹介します。車いす利用者が施設を出て地域社会に住もうとした時代や、駅にエレベーターが設置され始めたころのお話に思いをはせて読んでいただければ幸いです。

 

🟩ポチの居場所

(駅の改札口内に設けられている四角の線で囲われているエリアを表す言葉)

駅員さんが渡し板設置の準備や降車駅への連絡のため、車いす乗客に「青い枠内でお待ちください」などと指示される場所を意味する、旅行仲間内の用語。「うろうろしないで、おとなしくここに座って(車いすユーザーだから当然座っている)待っていてね」というような場所を意味します。

 

車いす利用者待機スペース(通称 ポチの居場所)

ポチの居場所と呼ばれるエリア(京都府内の駅・改札口内にて)

 

当初は青いテープが貼られていたが何故か剝がされてしまったポチの居場所
兵庫県内の駅・改札口内にて)

 

ずいぶん前に車いす仲間から伺ったこのような話があります。

車いす利用者が喫茶店に入ろうとしたら、「車いすの方の入店はご遠慮いただいています」とお断りされたそうです。店の中をみるとご主人に連れられたワンちゃんがミルクを舐めさせてもらっている、私たちはお犬様が使えるお店に入ることが許されないの・・・。

 

そんな話をふと思い出して、僕たちのために駅構内に待合スペースが設けられているのは「ポチなみに権利が向上しているのではないか!」と有りがたく感じてしまいました

 

ところが、

車いす数台で行ったら枠内に入りきらないぞ、出たやつはアウトだ。  

駅員さんが来るまでトイレに行ったらだめなのかなぁ!  

この枠にいなければならない根拠・約款・旅客営業規則?を示せ 

 

文句言いの集まりか!

 

🟥駅の「荷物用エレベーター保存活用論」

(少数意見だったようで 要望活動に発展することなく自然消滅)

1990年代中盤ごろから鉄道の駅に一般乗客用エレベーターの設置が各地で実現するようになるのですが、荷物用の物に比べると非常に狭い。当初設置されることの多かった11名乗りのエレベーターで標準タイプの車椅子が2台、乗客の安全のためにエル字の通り抜け型正方形(ホーム上で線路にむかって扉が開かないための配慮・下写真①参照)の物もつくられ車椅子は1台、リクライニング型車椅子は利用できないということも起こりました。当時は階段を担ぎ上げてもらわずに車椅子ユーザーがホームにたどり着けること自体が夢のような出来事で、エレベーターの広さが問題視されることは無かったように記憶しています。

 

🅰️エル字の通り抜け型正方形エレベーター

乗客の安全に配慮した動線のためですが、内部は非常に狭い

🅱️11人乗りの小型エレベーター順番待ちに混み合う駅のホーム

11人乗りの小さなエレベーターに大勢の利用者が殺到するターミナル駅

1990年代初めの車椅子障害者団体の駅へのエレベーター設置要望チラシには「エレベーターが設置されればベビーカーの利用者・お年寄り・大きな荷物を持つ人にも便利です」と記載するものもあり、けして車椅子利用者の利益だけを求めたものではなかったのですが、これほどエレベーターを必要とされる多様で大勢の方々が鉄道を利用されるようになるとは、当時は想像できませんでした(エレベーターを設置しても鉄道を利用する車椅子利用者がどれだけいるのか?という疑問の声すら投げかけられていました)。

 

車いす旅行仲間の話に戻します。 4~5名の車椅子ユーザーで鉄道旅行することが多かったので11名乗りのエレベーターでは全員が利用を終えるまでには時間はかかるし、一般の乗客も待たせてしまう。無理して2台乗ったら出られなくなったことも。そこで残っている「荷物用エレベーターを有効活用してもらえれば、広くつくられているので一度に移動できて便利」という話題になりました。

 

以前・主要駅に存在した 「荷物用エレベーター」は大勢で乗れました 接続する通路も広いものでした(輸送効率抜群じゃぁ!)。

JR草津駅の荷物用エレベーターの扉は広くて車椅子乗客が一度に何人も乗れました
(通路はそのまま利用して
一般乗客用の小さなエレベーターに交換され撤去さています)

高岡駅の荷物用エレベーター通路は広くて大勢で通行できました
(すでに撤去されています)

 

「荷物用エレベーターは大勢の車いすで利用するとき便利だ」という話を他の車椅子利用仲間にしていたら、「私たちは荷物扱いなの?」という疑問の声があり、うかつにも「社会のお荷物という意味では正しいかも?」と思ってしまいました。

 

このような反対意見も根強くあり、駅の「荷物用エレベーター保存活用論」は、いつしか忘れ去られることとなりました。

 

 

ポチなみとか荷物あつかいとか、歩けなくなり急に社会における立場が変わってしまって、未だに戸惑っているベテラン中途障害者

普段はみんな親切ですけど利害が対立すると容赦なくハンディキャップを突かれることがありますよ!お覚悟めされょ

車椅子電車評論家 アシトド松井

 

 ☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

障害者問題の当事者に突然なることがありますよ 

(私も中途障害者で30歳前まで車いす生活とは無縁でした)

 

1️⃣交通・労災事故 犯罪被害 病気 天災 戦災 家族の介護 車いすの恋人と結婚 医療的ケア児の親になることも など

 

2⃣そして一般市民(臣民・庶民)の方、さらに障害者が人権を得るのは大変だった。

(参考として)

🔴権利の章典アメリカ独立戦争フランス革命

🔵ヒルコ神話の多様な解釈・母よ!殺すな

とういうような話をさせていただいたら、次のような感想をいただきました。

 

今回の人権学習で自分が思っていた以上に障がい者として差別されている人が歴史の中でもたくさんいることを知りました。車いす生活は、誰にでもなる可能性があり私たちも無縁ではないということをしっかりこころに止めおきたい。

遊園地(テーマパーク)のアトラクションに車椅子で乗りに行く・バリアフリーの諸問題

遊園地のアトラクションに車椅子で乗りに行く

 ☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

車椅子電車評論家・アシトド松井

 

2023年、車いすユーザー3名と介助者1名による特別クルーを結成、東京都荒川区にある「あらかわ遊園」で乗り物体験を行いました、今回はアシカさんとトドさんの対談形式でお楽しみください。

 

遊園地の子ども向け乗り物・バリアフリーの現状

(1)子ども用車いすの利用者が楽しめる乗り物をもとめて

<トド>特別クルーを結成して遊園地に行ったとは、また大層なお話で。東京観光の途中で寄り道されたのでは、乗り鉄のアシカさんは路面電車でもある「都電荒川線」が目的だったのでは?

<アシカ>それもあったのですが、東京を案内して下さった地元の電動車椅子の方が、ぜひ見てほしい設備ということで行程に組み入れてくれました。私自身も「子ども用車いすの方とお逢いする機会が何度かあり、そのような立場のお子さんが楽しめる場所に関心があったので、遊園地をとりいれた旅行プランに乗っかることになったわけです。

 

旅行先でも観光そっちのけ。子ども用車いす利用者に「外出の楽しさ」を提案するブログの案内を手渡す。

本文とは関係なさそうなのに、どうして上のような写真を掲載したんでしょうね?

一種の売名行為でしょう!

 

<トド>「子ども用車いす」とは、どういうものなのですが?

子ども用車いす(周知用ポスター)

<アシカ>単純に脊損の私たちのように歩行障害のあるお子さんが使っている「車いす」と理解しているのですが、ベビーカーと見分けがつかない場合があり、電車内で折りたたむようにと注意されて若いお母さんが傷ついてしまうこともあるそうです。また医療的ケアの必要なかたもおられて機器を乗せた重い車いすもあり、簡単に押し上げることが出来ず、電車などに乗り込む際に渡し板が必要な場合もあります。駅に周知ポスターが貼られていましたので、このような立場の車いすの利用者仲間がおられることを、理解しておいても良いと思いますよ。

 

<トド>あらかわ遊園では車いすユーザーがどのような乗り物に乗れるのですか?

<アシカ>「観覧車」「豆汽車」に車いすに乗ったままで利用体験できました。点検中で止まっていたのですが「メリーゴーランド」もスロープ板を渡してもらって、カゴの一部を広げてもらって利用できるそうです。では3つの乗り物の写真をご紹介しましょう。

 

あらかわ遊園 メリーゴーランド

実際に利用していないので、詳細は不明ですが、体験された地元電動車椅子の方から、回転する床にスロープを渡して、カゴが広げられると案内を受けました。

回転する床にスロープを渡す?

床にレールがついています

 

あらかわ遊園 豆汽車

スロープ通路で乗り場に、車いすスペースのある車両に渡し板で乗車できました。遊園地の鉄道ですがですが、私の地元の鉄道よりバリアフリー!?

園内をめぐるミニ鉄道、豆汽車

渡し板で車両にご案内

 

あらかわ遊園 観覧車

ゴンドラにスロープ板を渡してもらい乗ることができました。介助者が同乗することをもとめられたので、「合理的配慮」について問題提起が!

スロープ板を渡してもらいゴンドラへ

介助者と同乗することを条件に観覧車が動き出しました

(3)遊園地の乗り物で合理的配慮がどこまで可能なのか

<トド>③の観覧車の説明で「合理的配慮」の問題とはどのようなことですか。

<アシカ>私が全国各地の観覧車に介助者なし車いす単独での利用経験があることをご存じだった地元電動車の方が、「車いす利用者」であるから一律に介助者の同乗を求めるのではなく、個別の障害の程度によって対応するべきだという指摘をされたのだと理解しています。運営にかかわっている自治体の窓口に問題提起をして下ったそうです。

調べたら知的障害の方が遊園地のアトラクションの利用を拒否されたケースで「法務局の人権相談窓口」調整に入り「一律に制限するのではなく症状を個別に判断する」ことに遊園地の規定改定していただき解決した事例がでてきました。車いす利用者の場合も同様な規定の改定が可能かもしれませんね。(障害者差別解消法を参照するらしいのですけど・・・私は車いすでの電車評論が専門ですので良くわからない~) 

するい 逃げ口上

(参考)法務局による人権侵犯救済のための処置には 援助 調整 説示・勧告 要請 通告 告発 啓発 などがあるそうです。

<トド>遊園地の子ども向け乗り物というテーマから話がそれてきましたね、元に戻しましょうか。

(4)他の場所ですが、このような乗り物・アトラクションを体験しました

<アシカ>私が体験した子ども向けで車いすのままで利用できる乗り物・アトラクションを後2つ紹介しますね。なお利用してからずいぶん時間が経過していますので、現在の状況は確認してくださいね。

 

東京ディズニーシー キャラバンカーセル (千葉県)

2階建てのメリーゴーランド。

1階の回転する床にスロープ通路を設置してもらい、華やかな囲い?にベルトで固定していただき利用できました。

(利用年月不明です)

スロープ通路を設置していただき回転する床へ

ただ回っているだけという人もいましたが、被写体は結構喜んでいる?

 

パルケエスパーニャ フェスタトレイン  (三重県)

私が車いす生活になってから初めて乗ったミニ鉄道。大人が車椅子に座って乗車するには屋根が低く感じましたが、童心に戻って楽しめました。

(1998年乗車体験)

スロープ通路でホームに到着

小さな渡し板で車両へ 車両とホームの段差解消も見事なもの

 

<アシカ>子ども向けに限らず他に体験した主な乗り物・アトラクションは次のようなものです。⑥愛知県の蒲郡市にあるラーグナテンボスでマジカルバウダーというアトラクションに自分の車イスのままで移送するワゴンに乗せてもらえました。

⑦固定するため専用の車いすに乗り換える必要があつたのですが、デイズニーランドの

ウエスタンリバー鉄道、エレベーターで乗り場へそして車両側面の入り口を広げてもらって利用できました。下の写真ウエスタンリバー鉄道への車いす乗客への案内のようす。渡し板までウエスタン風の木目調につくられているのがディズニーのこだわりですね。(利用年月不明)

渡し板が木目調につくられているのもディズニーらしい

⑧ 大阪にあるUSJのジョーズ(自分の車いすで乗れるが付き添い者が必要)、急流すべりのジェラシック・パーク・ザ・ライド(座席が上がってくる特別な船に車いすから乗り換える、付き添い者が必要)を利用しました。絶叫系のアトラクションを車いすで利用することは乗り換えすら難しく、私はこの一例しか体験していません。

USJジェラシック・パーク・ザ・ライド(急流すべり)
ボートの座席の一部がせり上がり車椅子から移乗をしやすく工夫されていました
(青の矢印の部分)

私の使用したときの状況(かなり古いものもあります)で説明していますので、詳細は各テマーパークのホームページ等で確認してくださいね。特にディズニーランドは動画で車いす利用の状況を紹介されていて分かりやすいものでした。

 

(5)なぜ車いすのまま乗れるのに介助者がもとめられるのか?

<トド>特に利用するのに問題がなさそうな乗り物に付き添い者が求めれられているように思うのですがどうしてですか?

<アシカ>非常時に停止したのちに非常通路(階段がある場合も)を使って外に出られるか、という問題があるからだそうです。実際にアトラクションが停まってしまい一般(健常者)の利用者ですら脱出するのに長時間かかった場合があります。

<トド>話を戻しますが観覧車なんか停止したら一般の利用者でも出られないでしょう。

<アシカ>それは一時期、介護施設のリクレーションで、アトラクションを利用した知的障害の方が、パニックを起こされ無理に降りようとした事故が続いたことに関係していると思います。一律に車いす利用者も同様の問題を起こすのではないかと心配され単独でのゴンドラへの乗車が制限されたのでは、事故は起こってほしくないでしょうし。またマイノリティ(少数派)の場合はひとくくりに判断されることが多いようにも感じています。

 

(6)お母さんが車いすユーザーで小さなお子さんと観覧車に乗りたいとき

<アシカ>観覧車への車いすユーザーの利用規制は遊園地によってまちまちで、大阪の海遊館近くの大観覧車のように、当初は単独利用が認めれていて、長い間介助者の同乗を求められ再び車いす単独で乗れるようになったケースなど。そのときの障害者に対する社会情勢・経営者の判断により、揺れ動くこともあるようです。現場のスタッフの方はマニュアル通りに仕事をしなければならない立場にありますので、現地で交渉することは難しいですね。小さなお子さんの場合は介助者として認められないと考えられますので、事前に利用条件等を確認されたほうが無用のトラブルを起こさずに済むとおもいますよ。

<トド>アシカさんもすっかり物わかりの良い障害者をやってますね!

 

経営難で遊園地の数が少なくなっているなか、車いすに対応した子供向け乗り物を三種類ももうけていただいた「あらかわ遊園」の取り組みは高く評価して良いと思います。

(ご注意)本文では「付き添い者」と「介助者」を同じ意味の言葉として使っています

 

 

この記事は「脊損ニュース2023年12月号」に掲載していだいた内容をもとに加筆修正したしたものです。

 

遊園地のミニ鉄道も乗り鉄にとっては同じ興味の対象 鉄道には違いないじゃろぅ~!

車椅子電車評論家・アシトド松井

 ☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

ホームと車両の段差とすき間解消 車いすユーザーやベビーカー利用者など移動弱者が安心して鉄道を利用できるための長き道のり

車両とホームの段差解消は車いすで電車を利用するときの最後のバリアー

 ☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

車椅子電車評論家・アシトド松井

 

新路線開業時にすら意図的にホームと車両床面に段差を造り続けてきたとしか、思えない日本の鉄道。その理由として

①空いているときと、満員時では重さの加わり方が変わり、ホームと車両の段差の高低が変わるため満員時に逆段差(車両の床面よりもホームが高くなる状態)を避けるため。

建設当時の車両床面の高さを一定化する技術水準も影響しているのだと思います。

②「ホームよりも車両の段差を高くするように」と解釈できる通達が出されていた。

ということが車いす旅行仲間の間でいわれていました。②については調べてみたのですが、そのような通達を見つけることができず確証は持てなかったのですが、近年ようやく一部の大都市部で「ホームと車両の段差・隙間解消」がなされるようなった駅のホームを利用することが可能になってきました。そこで車椅子鉄道旅行仲間は車両とホームの段差を超えてきたのかをご紹介したいと思います。

 

ベビーカーの乗車も段差が大きいと大変だよ



車いすユーザーもベビーカーを使う乗客も段差がないと安全だよ

 

名古屋のあおなみ線が路線全体で段差解消がなされているというので、2004年体験調査に出かけました。

あおなみ線名古屋市)の車両とホームのすき間を測定 2004年調査

 

車椅子ユーザーが電車に乗るときに最後のバリアーになるのが、車両とホームの段差ですが、解消方法にはいろいろな方法があります。

🟩開業当初から段差・すき間を造らない方法。

下の写真は福岡市地下鉄七隈線です、車両とホームの段差そして隙間が最小限に設計されており、まるでエレベーターに乗るような感覚で、利用できました。今後新設される路線には是非手本にしていただきたい、鉄道路線です。

福岡市地下鉄七隈線

車椅子でも乗り降りはスムーズに キャスター(前輪)を上げることも不要

まるでエレベーターに乗り込むように電車内に入れました

七隈線では列車とホームにすき間ができないように直線の区間に駅を造られたと伺いました。

 

🟦造られた段差のホームにスロープ板を張り付けて固定する解消方法。

下の写真は大阪モノレールのものですが、もともと段差のあったホームにスロープ板を張り付けて解消がなされました。スロープ板は当初は一か所のみでしたが、全ての扉にもうけられているようです。

大阪モノレールの段差解消方法

当初一か所だけ設けられていたスロープ板 後から取り付けられたことが分かりますか

大坂モノレール 
大観覧車・オオサカホイール
より2022年に撮影

 

🟪くし状ゴムと床面かさ上げによる段差・すき間解消

2023年に乗車した神戸市営地下鉄・車内の案内表示

神戸市営地下鉄山手線

神戸市営地下鉄新神戸駅のホームと車両の段差(2023年撮影)

赤のの部分をご覧いただければスロープ状に床面がかさ上げされ、ゴムで隙間解消がはかられているのがご理解いただけると思います。

❷大阪メトロ

駅ホームの段差・すき間を縮小する工事中の大阪メトロ梅田駅

スロープ板を準備したけど単独で降りられました
大阪メトロ梅田駅(2023年撮影)

🟨首都圏「列車とホームのすき間をせまくしています」乗場(ゲート)を体験しました

くし状ゴムと床面かさ上げによるすき間解消と推測していますが確認はとれていません

❶JR東京駅・東海道山陽新幹線ホーム

JR東京駅新幹線ホームで確認した「ホームと列車のすき間をせまくしています」乗り場

前輪(キャスター)が大きな車椅子の場合はこれで良いのですが、段差が残っており小さな前輪の車いす利用者の乗降を助けるため、さらに渡し板を設置して下さいました。

さらに渡し板を設置して下さいました(2023年撮影)

 

🟫京都市営地下鉄は扉の外側が斜めにしてあり車イスでの乗降がスムーズだったが、なぜ段差解消がなされていた京阪電車京津線の乗り入れ車両の規格にあわさなかっの?

電動車イスで単独乗降が可能になった京都市営地下鉄東西線車両(1999年撮影)

前輪の小さな車椅子を利用していた私は、乗降の際キャスター(前輪)を上げる必要がありました。

大津方面(京津線)から乗り入れていた京阪電車の車両は扉の外側はフラットで、渡し板が必要でした。

開業当時、電動車いすでの単独乗降が可能だと好評だった、京都市営地下決東西線車両でしたが、なぜ乗り入れる京阪電車にあわせたホームの高さを設定しなかったのでしょうね

 

 

京津線のホームは後に開業した東西線ホームより僅かに高く造られており、東西線を抜けると段差が無くなります。でも階段のみの駅も幾つか残っていますよ。

京津線にはいると車両とホームの段差は無くなりました

そら京都市営地下鉄の方が偉いからじゃ~!駅名変更も地下鉄が優先したんだよ

東西線乗り入れ区間では、「段差がある電車が来た」とか言われて、お京阪かわいそう😢

 

 

🟥ホームの床がせり上が段差・すき間が解消される

ラクープ

でも機械での対応ではベビーカーを利用した方には対応できないのでは?

ラクープが設置され始めた頃はベビーカーで電車に乗る方をあまり見かけませんでしたよ。電車に乗るときはベビーカーは折りたたんで下さいというポスターが駅に貼られていた時代もありましたよ。

 

京浜急行・品川駅にて

 

ゆいレール沖縄県那覇市)のラクープ

伊予鉄道松山市駅で体験したラクープ(2004年撮影)

駅員さんがリモコンで操作するのだけど、最初からホームを車両の床面の高さに合わすことは出来なかったのかなぁ~?すき間が無くなる効果は認めますが。

当時の車両の高さを一定化する技術水準と大人の事情があるのじゃ!

 

全自動可動スロープ

JR桜島駅で実験 されていたのに、間に合いませんでした

車いすアクセスマニア集会で講師をしていただいた方がYouTubeで紹)介されたいたので実験が行われているJR桜島駅大阪市内)に行ってきたのですが、すでに実験終了とのことで、駅員さんに可動スロープの跡に案内してもらいました。

 

既に段差解消装置が取り外され、埋め戻されたJR桜島駅ホーム 2022年撮影

駅員さんお忙しいのにすみません。すき間解消の工夫もあったようです。

 

JR桜島駅は終着駅で実験には適した場所だったようです。

せっかく遠方から時間をかけてやって来たのに残念じゃ

嘘コケ 隣の駅からUSJの帰りに立ち寄ったんじゃないの

 

ブログが長くなってきましたので、ここまでにいたします。首都圏の「ホームと列車のすき間をせまくしています」扉につきましては改めてご紹介できればと考えています。

 

こんな段差のある車両ともめぐりあいました

こんな電車にものりたかったょ~!

車いす障害者さま、ご無体にも程があります、お控えなされ!


①の写真はステップのある気動車の後に床の高い電車が運行されたため段差が、大きくなったJR奈良線の駅

②の写真は車両の扉外側に設けられた2段の階段を上り(さらに車内に1段ステップがあり合計3段)乗車する福井鉄道

 

また大昔の写真をだしてきましたね、読者が混乱するでしょう😡

①のJR奈良線の駅は1995年の撮影じゃないですか。とっくにバリアフリー化がなされて、ずいぶん段差も縮小されていますよ。

②の福井鉄道ではホームの床を下げて、低床車両を走らせることでバリアフリー化を実現しようとされていますよ!

 

 

車椅子電車評論家・アシトド松井

 ☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

 

車椅子用 渡し板 (鉄道マニア向け図鑑・番外編)

車いす乗客が車両に乗り込むための渡し板も多種多様

☞アシトドのブログのメニュー画面 へ

車椅子電車評論家・アシトド松井

私は1993年頃、京都の山陰線の列車にお手製の木製渡し板で乗車させてもらって以来、種々雑多な「車いす用渡し板」を設置していただき、電車・鉄道を利用させてもらっています。今回は鉄道マニア向けに、車いす乗客のために進化をとげてきた「渡し板」の図鑑を作ってみることにしました。

「鉄道の渡し板図鑑」を作ったところで、そんなものをご覧になられるマニアの方がおられるんですかねぇ?

多様性の時代、鉄道マニアだってバリエーション豊富。ひょっとしたら高い評価をえられるかも。

 

渡し板が急勾配になったので駅員さんや一般乗客の方が助けて下さいました。

ステップのある気動車と低いホーム 駅のバリアフリー化が進んだ都市部の車椅子ユーザーにわかるかなぁ?

 

既製品でないオリジナルの木製タイプの渡し板

木製の手作りタイプ(既製品ではないという意味)ひょっしたら他の用途からの転用かも

 

 

 

❷2本の渡し板をタイヤの幅にあわせて設置する

2本の枠付き板を別々に車イスのタイヤの幅に合わせて設置するタイプ

 

駅員さん2人係で微調整しながら設置して下さいました

 

 

枠のない平らで広い2つの渡し板を設置するタイプ

 

❸2本の渡し板をひとつにまとめたタイプ

(軽量化をはかるため?)

2つの渡し板をつなげて一体化したタイプ

 

❹運転手さんに車いす乗客の降車駅を知らせる渡し板

木製の渡し板の裏側に行き先を表示 運転手さんに知らせる

 

❺電球を点滅させ電車の扉を閉めるときの安全確認を助ける渡し板

渡し板の側面が点滅して電車のドアが閉まる時の安全はかる

 

❻渡し板をホームに立てかけておいて、一般乗客の方に協力を依頼する

 

渡し板を使っての乗車のようす

 

駅のホームに立てかけられている木製の渡し板

❼扉の幅が狭いので先端を細くした渡し板

 

車いす利用者の乗車を想定ていなかった特急にも乗りました

 

渡し板は狭い扉に合わせて先端は細くなっています

 

多くの場合、車内での車いす利用者の居場所は扉の前だけでした

寒いから客室に入りたいよ~ トイレも行きたいよ~

車いす利用者の行けるところは列車にはないのだ!

 

車内販売準備中の方が作業スペース確保のためか、頻繁に客室に入ることをすすめられたりしても・・・  客室内の通路幅が狭くて入れないんだョ~

JR北海道の特急ライラックの場合は荷物用の収納スペースがあり、そこに入ることが出来ました。

❽渡し板が設置しづらい列車にかける橋

なんか「戦場にかける橋」みたいだね!

JR関西本線 非電化区間を走る列車に乗りました

JR亀山駅~JR柘植駅間(三重県)にて車椅子でローカル線の旅  

 あなと越えたい加太越~🎤

歌詞が間違ってるぞ

内側に折りたたむ扉で斜めに段差がありました  車内段差にタイヤが落っこちそう

 

渡し板は斜めに設置 扉が狭いので広げられず波打って

波打つプールならよかったのにね

 

❾渡し板は設置不能!?な寝台特急電車

こんな電車に乗ろうとするなんて障害者様ご無体な

寝台特急の内部を改装して普通電車として運行されていました

 

扉は狭く内側に折りたたんで開き  段差は円形になっている

以前は「TOWN トレイン」というヘッドマークを付けて運行されていたので、座席から寝台へと変えられる寝台特急普通列車に改造した419系ではないかと推測しています。

車両系鉄道マニアの方ならご存じですかね?

他にも長野電鉄の1000系「ゆけむり」などが車椅子での利用が困難な車両のようです。

☞車椅子で行く長野県 第1話 ・湯田中温泉へ特急乗りまくりの旅 参照下さいね

 

❿渡し板が金属製ですごく重い

 

渡し板は車内に設置されていたのですが、すごく重い

試しに持ち上げようとしたら腰を痛めそうでした

脊髄損傷であるけないくせに今さら何をぬかいしておる!

折り返しの駅では社員さん2人で設置して下さいました

 

❶すき間をせまくして「渡し板不要」と報じられたものの  やっぱり渡し板があると安全だったパターン

 

ホームと列車のすき間を狭くしています ゲート

 

さらに渡し板を設置して下さいました

❷車輪付き渡し板は4つのパーツから出来ていて折れ曲がる巨大なもの

白いかもめで終着駅へ

 

車輪付きの渡し板が運ばれてきました

 

扉の中に押し込んで

平らにします

渡し板設置の駅員さんは大変だねと見守る客室乗務員の方(著者の作文)

車内からの写真だと4つのパーツから出来ていて折れ曲がっていることがわかるかなぁ!

「渡し板マニア」かなん知りませんけど、早く乗降して下さると有難いんですけど…

 

 

こんな記事に「鉄道旅行」とか「鉄道マニア」とかのタグ(検索時の分類だと思っています)を付けてもいいと思っているいるのか!

だって車いす鉄道旅行をした結果このような写真が撮れたのですし、私は乗り鉄なんだもの。

 

 

この図鑑は1990年代から撮影し始めたもので既に無くなっている渡し板や車両も掲載しています。

 

以前撮影した写真や、新たに体験した「渡し板」の記事を追加・更新していきますので、興味のある「渡し板マニア」の方はときどきご覧に来て下されば幸いです。

そんなやつおらんだろう!

 

「鉄道の渡し板」も調査している車いす総合外出研究者

車椅子電車評論家・アシトド松井

☞アシトドのブログのメニュー画面 へ